奨學金?研究支援
(大學院)

研究支援制度

本學では、下記のような各種研究奨勵?研究補助制度を設け、大學院生の研究を積極的に支援しています。

研究奨勵制度

●京都橘大學大學院學生研究奨勵金制度

大學院生を対象に、研究能力が優れた者の研究を奨勵?援助するものです。給付件數は、1専攻につき2名までとなっています。ただし、博士後期課程については、これに加えて、2名を別枠として給付することがあります。このほか、外國人留學生については、各研究科において別枠1名の給付枠があります。
なお、奨勵金の給付は単年度ですが、すでに給付を受けた者でも次年度給付を申請することができます。
各課程の給付額は、以下のとおりです。

修士課程および博士前期課程 …………… 年額?50,000円
博士後期課程 ……………………………… 年額 100,000円

●海外留學奨學金制度

海外の大學や研究機関へ留學する研究者が年々増加していますが、このような動向を踏まえ、大學院生などの研究者に対し、次のような學外における奨學金制度があります。

a.?日本政府奨學金
b.?外國政府奨學金
c.?その他民間団體奨學金

また、大學院生が本學提攜校への留學や認定留學(本學提攜校以外への正規留學)を行う場合、留學期間中における本學の授業料や教育充実費の減免措置(在籍料を納入)などの制度も用意しています。なお、この制度による留學期間は1年以內とし、1年を限度に本學大學院の在學期間として算入することができます。

研究補助制度

●京都橘大學大學院學生學會參加等補助制度

大學院生の研究活動の推進およびその共同化を奨勵し、研究成果の學會発表および學會への參加を奨勵?援助するために旅費の一部を補助する制度で、下記のものがあります。

(a) 學會報告者補助 ……
旅費の2分の1以內で30,000円を限度とする。
(b) 學會參加者補助 ……
旅費の2分の1以內で10,000円を限度とする。1専攻における補助総額は60,000円を限度とし、このほかに総額60,000円を限度として博士後期課程を対象にした別枠を設定。

●京都橘大學大學院研究會活動補助制度

本學教員?在學生など複數名で構成する研究會活動に関し、複寫費を補助します。ひとつの研究會につき10,000円(コピーカードを現物支給)を限度としています(補助件數は各研究科で5件まで)。

その他奨勵制度

●入學金の減免措置

本學大學院博士後期課程については、本學大學院修士課程または博士前期課程を修了見込みで、引き続き本學博士後期課程に進學する場合の入學金は免除します。

奨學金等制度

本學大學院では、學生生活を経済的な面から支えるための獨自奨學金などを用意するとともに、各種の公的あるいは民間の奨學金を紹介?斡旋するなど、厚生援助制度についても充実をはかっています。

本學獨自の奨學金制度

●京都橘大學経済援助給付奨學金制度

修學の熱意があるにもかかわらず、経済的な理由により修學が極めて困難な者を対象に、授業料?教育充実費相當額を上限として給付する奨學金で、返還の必要はありません。年2回の募集時、また特別な事情が生じた場合に隨時出願できます。

●京都橘大學緊急就學援助奨學金制度

災害、學資負擔者の失職?廃業?破産?離別?病気等による家計急変者(1年以內の事由)を対象に、授業料?教育充実費相當額を上限として給付する奨學金で、返還の必要はありません。年2回の募集時、また特別な事情が生じた場合に隨時出願できます。

●京都橘大學貸與奨學金制度

家計の狀態を重視して選考し、貸與額は授業料相當額以內です(無利子で、修了後に返還)。緊急貸與のみで運用しています。

●京都橘大學生活資金等短期貸付制度

一時的に生活費などに不足が生じた場合、本學が無利子で即時貸與する制度です。30,000円を上限とし、返済は3ヵ月以內です。

●京都橘大學大學院私費外國人留學生授業料減免制度

私費外國人留學生に対して、授業料の30%または15%の減免を実施しています。入學後、各人の申請により審査の上、適用します。

●京都橘大學留學生経済援助給付奨學金

私費外國人留學生で経済的に修學が極めて困難な留學生対象の奨學金です。給付額は毎月30,000円です。年1回募集し、給付は若干名です。

日本學生支援機構奨學金制度

この奨學金制度は、「教育?研究者、高度の専門性を要する職業人の養成」を目的に、國の育英奨學事業として行われているものです。大學院生を対象に、大學において學業ならびに経済事情について書類選考を行い、必要に応じて面接の上、日本學生支援機構に推薦するもので、奨學生として採用されると、最短修業年限の終期まで貸與されます。
貸與額などの詳細は、以下のとおりです。

(a) 第一種(無利子)
修士課程?博士前期課程 ………… 月額 50,000円または 88,000円から選択
博士後期課程 ……………………… 月額80,000円または122,000円から選択
(b) 第二種(有利子)
月額50,000円?80,000円?100,000円?130,000円?150,000円の5種類より選択

その他

上記のほか、大學院生一般、あるいは特に私費外國人留學生を対象とする各種団體の奨學金などがあります。それぞれによって制度が異なっていますので、入學後、お問い合わせください。

2019年教員等採用試験合格狀況
國家試験等合格狀況
京都で暮らす。京都橘で學ぶ。
21改革サイト 3學部(下層)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019?2026
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
国产人妻熟妇在线视频